ザイザル服用前に考えたい注意点

ザイザル服用時に気をつけたい注意点

ザイザルは2010年にグラクソ・スミスクライン株式会社から発売された抗ヒスタミン剤です。アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、発疹といったアレルギー症状の緩和に用いられています。

 

第二世代に分類される抗ヒスタミン剤で、眠気などの副作用が従来の物と比べて抑えられています。しかし、あくまで副作用が弱いというだけでないわけではありません。

 

きちんと注意点を守っておかなければ従来よりも大きな副作用が出てしまってもおかしくありません。必ず注意点に従って服用しましょう。

 

ザイザルの作用機序

ザイザルはアレルギー症状を抑える薬です。どのようにしてアレルギーの症状を抑えているのでしょうか?

 

まず最初に、「アレルギー」について考えるにあたって切り離せないのが「免疫」です。感染症などの様々な病気にかからずに済んでいるのは、この免疫が正常に働いているからです。免疫機能は体にとって有害な病原菌などを排除してくれます。免疫機能がまったく働かなくなっては生きていけないでしょう。ですが、この免疫機能も強くなりすぎては問題です。

 

免疫機能が過剰に反応しまうのがいわゆるアレルギー症状です。例えば有害な病原菌が体内に入ったら、くしゃみや鼻水で体外に出そうとするのは正常な反応です。しかし、体にとって何の害もない花粉なども外敵と判断して過剰なアレルギー反応を起こしてしまう、これが「花粉症」です。

 

このようなアレルギーにはヒスタミンが密接に関係してきます。この場合ではヒスタミンはアレルギーを引き起こしている物質と考えてしまって問題ないでしょう。

 

ザイザルは抗ヒスタミン剤の通称通り、ヒスタミンの働きを阻害する作用を持っています。ヒスタミンはアレルギーを引き起こしますので、その原因となるヒスタミンの動きを抑えられればアレルギーも抑えられるという仕組みです。

 

ザイザルを服用するにあたっての注意点

既に説明したように、ザイザルは既存の抗ヒスタミン剤よりも副作用は抑えられています。しかし、何の考えもなしに飲んでも問題なしという訳にはいきません。

 

こういう状態の人は飲んではならない、飲む際に注意するといった注意点がいくつかあります。その注意点を1つずつ解説していきます。

 

服用が禁止されている人

ザイザルやピペラジン誘導体(セチリジン、ヒドロキシジンなど)によるアレルギー経験がある

かつてザイザルや類似薬を服用してアレルギーをおこした経験がある方は服用しないでください。「前回は軽い症状だったし大丈夫」と油断するのはとても危険です。

 

アレルギーは基本的に最初に出た時よりも、後の方が症状が重くなるのがほとんどです。アナフィラキシーショックなどの重い症状が出れば命に関わる場合も珍しくありません。ですから、絶対に飲まないようにして下さい。

 

腎臓に重い障害を持っている

※重い障害の基準値はクレアチニンクリアランス10mL/min未満)です。

 

ザイザルに限らず薬は最終的に腎臓で尿に混ざって体外に排出されます。もしも腎臓が弱っていれば、この処理がうまく行きません。

 

つまり、薬はなかなか体の外に出ていかないということになります。そうなれば本来想定していた副作用よりも強い症状が出たり、副作用の時間が伸びてしまって長く苦しむことになります。

 

服用時に注意が必要な人

腎臓に障害がある

重い障害がなくともやはり、腎臓が弱っていれば薬を排出しづらいという点は変わりません。どうしても薬の効果が強くなりがちですので、飲み始めは薬を最小用量にするなど注意して対応しましょう。

 

肝臓に障害がある

ザイザルなどの薬は肝臓で分解して尿に混ざりやすい状態にします。肝臓が弱っていれば体外に排出しづらくなりますので、同じように服用量を少なめから始めましょう。

 

高齢者


高齢者は体のここが弱くなっている、というのがなくとも全体的に弱っていることも多いです。そうなると当然薬の排出能力も弱まっているので、服用量は少なめにしましょう。

 

また、副作用も出やすく、めまいによる転倒から怪我をする危険もありますので、家族など周囲の方は気を配ってくください。

 

てんかんを起こしたことがある

はっきりとした機序は判明していませんが、抗ヒスタミン剤は脳にも働きかける為、てんかんの引き金になりうるとされています。

 

ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬ですから脳への影響は少ないのですが、過去にてんかんを起こしていると再度てんかんを起こしやすいので注意しておきましょう。

 

妊婦


はっきりと悪影響があるとはわかっていませんが、医師としっかり相談した上でどうしても必要であるならば飲むようにしましょう。

 

小児

小さなお子さんに関するデータは少なく、安全性が確立していませんので使用は慎重に検討しましょう。また、大人が飲むよりもてんかんを起こしやすいのでその点も留意しましょう。

 

ザイザルの服用について注意点

長期服用しない

ザイザルに限らず、症状が治まっているのに無意味に薬を飲み続けるのは推奨されません。医師と相談して、既に症状が治まっているのであれば服薬は中止しましょう。

 

大量服用しない

ザイザルは副作用が少なめの薬です。しかし、それは用量を守っている場合の話です。早く効かせたい等の理由でいつもの倍飲む、といった危険な行為は絶対にやめましょう。

 

運転前には服用しない

眠気などの副作用を持っていますので、機械や車を運転しなければならない場合には直前の服用はやめましょう。

 

ザイザルの副作用・相互作用の注意点

ザイザルを飲むときにはこんな人は禁止、こういう人は注意、といった注意点についての説明してきました。

 

ですが、注意点を厳守したところでどうしても副作用は発生してしまいます。なので、前もって副作用がどんなものかを知っておけば、いざ副作用が出たとしてもパニックになったりせず落ち着いて対応できます。また、ザイザルのみで使用した場合には平気でも、他の薬との同時使用で発生する問題もあります。

 

このような2つのポイントについても解説していきます。

 

ザイザルの副作用

ザイザルは副作用が抑えられた薬ですが、出ないわけではないです。

 

どんな副作用があるかというと

 

眠気、頭痛、疲労感など

 

といった症状が出てきます。もしも、眠気が出てしまったら車の運転は控えて下さい。

 

ザイザルの相互作用とは

 

相互作用は一度に多種類の薬飲むと、それぞれの効果が変わってしまう現象です。

 

薬が処方される量は単独で飲む場合を想定しています。効き目がまったく変わるようであれば、本来なら飲む量をかえなくてはなりません。ザイザルの効き目を劇的に買えてしまうような組み合わせは避けるようにして下さい。

 

ザイザルがどんな薬か紹介


注意点ですが、花粉症でスギ花粉がある人は、毎年アレルギー対策に薬を飲んでいる人も多いでしょう。アレルギーの症状を抑えるものには、さまざまな種類がありますが、ザイザルは、比較的新しくできたものとして知られています。これまで眠気や、だるさがひどくて、選ぶのにに困っていた人でも、ザイザルは、効き目がよく、眠気や、だるさも少ない安心できます。

 

個人差もありますが、他のものと比較しても、眠気が少ないので、仕事をしている人でも、比較的安心して飲むことができます。効き目が評判で、アレルギー症状がひどい人でも、ザイザルを夜に一錠飲んで寝ることで、次の日の花粉の症状が軽くなるという声も多く聞きます。注意点はザイザルの他に、アレルギー症状がひどい時は、他の種類も足すことで、症状を緩和することができるので、医師に相談してみるのも良いでしょう。注意点は花粉症などで、飲む場合は、花粉のシーズンが到来したら、早めに飲んで身体に抵抗を作っておくことが大切です。

 

注意点は都心は2月初めには花粉が飛来することが多いので、2月初めには、飲むほうがいいでしょう。東北地方でも、早い人では、2月中旬には、花粉アレルギーの症状がでる人もいるので、早めに対策として飲むことがポイントです。

 

 
http://www.sinirsizfilm.net/ http://www.mlb-caps.com/ http://hs-planning.net/ http://davidblaauwphotography.com/